四ツ目垣の施工実習

11月12日は、同植物園内で竹垣施工実習も行われました。
透かし垣の一種の「四ツ目垣」と言う竹垣を作成しました。竹を縦横に直角に交わるように格子状に組み、四角の目の透き間ができることからこの名があります。
「立子」(縦に並んでいる竹)と「胴縁」(横に渡してある竹)が交わる部分は黒染めのシュロ縄で結びます。
結び方は「男結び(イボ結び)」ですが、下から二段目は「かいづる(からげ結び)」にしてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA